スポンサードリンク


aga体験記|効果と費用を比較 ⇒ 治療費と医療費控除
スポンサードリンク
医療費控除という言葉をご存知でしょうか。
ご家族の方が長期入院されていたり、高齢者と同じ世帯で生活している人には少し聞いたことのある言葉かもしれません。
医療費控除とは、その年に治療にかかった金額(交通費なども含まれます。)が10万円を超えた年には、税金が少しだけ戻ってくるという制度です。
これは、主に出産をした時や手術を受けた時などに利用される制度ですが、その年に10万円以上のお金が治療に使われれば適用されます。

では、AGAには医療費控除は適用されるのでしょうか。
答えは、×です。

なぜ、医療費控除が適用されないのか。
これは、整形という医療行為を受けて給付金を受けるのと同じなのです。
自分の美のための医療行為は、生活する上で必要な医療とは認められません。

AGAも同じです。
生命や、生活の安定が損なわれるわけではないものを治療するのですから、当然医療費控除は受けられません。
医療費控除とは、生活のために必要な行為に対する税金を免除しようというものなのですから。

しかし、AGAの治療費は、手術や入院も無いので、比較的安価です。
AGAの治療に有効であるというプロペシアも、1日250円という値段で手に入ります。
また、そこに診察台などを足しても1ヶ月1万円を少し超えるくらいで治療が受けられるのです。
AGAの治療は少しお金がかかりますが、決して大金が必要なわけではありません。
治療費が不安な人は、是非お医者さんに相談してみましょう。

医療費控除 AGA


治療の料金はどの位?│ 治療費と医療費控除 │ 評判のいい病院の見つけ方を知りたい
治療費がどの位かかるかは一番心配なことではないかと思います。
出来るだけ治療費を掛けない方法や医療費控除が受けれるかまずは調べてみましょう。
まずAGA(エージーエー)治療薬が医師の処方箋が必要とはいえ販売されるようになり、関心が一気にたかまりました。

この「飲む育毛剤プロペシア(一般名:フィナステリド)」はCMでも耳にするようになり画期的な治療法として注目を浴び始めました。
AGA(エージーエー)治療はとても画期的な治療という事はわかりますが、はじめる前に気になるのが治療費ですね。

治療費のほとんどがこの飲み薬の価格といってもいいでしょう。
さてAGA(エージーエー)治療薬プロペシアの料金一体いくらなのでしょうか?

治療薬プロペシア1錠は250円となっています。(現段階での価格ですので最新価格はページ上で紹介サイトを参考にしてください)
ただしこの治療薬は保険対象外であることを知って下さい。

ですから治療薬だけでの費用で1日1錠服用するので月に約7500円(1錠250円の場合)かかることになります。
この費用は調剤薬局や病院の処方料によって違いますので、それぞれの病院によってかかる費用は変わってきます。

ではAGA(エージーエー)治療費は医療費控除をうけれるのでしょうか?
基本的にではAGA(エージーエー)治療費は保険給付対象外です。
頭髪専門病院に行く事になると思いますが、通常の病院とは治療内容や治療法も根本的に違いますので、治療費も変わってきます。

治療薬プロペシアは健康保険の給付対象になりませんので、治療費の負担は大きいものになります。
また治療薬を用いたAGAの治療費そのものも保険給付の対象になりません。

医療費控除 AGA

効果を早く実感したい方法ってあるの?│ 治療費と医療費控除 │プロペシアの効果はどのくらいある?
スポンサードリンク