スポンサードリンク


aga体験記|効果と費用を比較 ⇒ 女性と処方
スポンサードリンク
処方される薬について書きます
AGAの治療では、様々な薬が処方されています。
中でも、AGAで処方される薬として今注目を集めているのは、プロペシアです。

これは、「飲む発毛剤」言われ、従来の頭皮に塗るものではなく、飲み薬であるのが最大の特徴です。
体の中から薄毛の原因を治療します。
値段も比較的安価で、プロペシアを処方する病院はかなり増えています。

AGAは健康保険が適用されず、治療費は患者が全額負担となるため、処方される薬を選ぶのは、とても重要です。
お医者さんの説明をよく聞き、価格面・効果・薬の利便性などを考慮する必要があります。
他にも、AGAに有効な薬として処方されるのが、塩化カルプロニウムや、ミノキシジルを配合した塗り薬も多くあります。

これらは、市販の育毛剤にも入っている成分です。
色々な種類があるので、自分に合った種類を見つけることが重要になっています。

処方と違った市販のものを選ぶ時は自分に合ったものが分かりづらいですが、病院に行けば、ある程度お医者さんのアドバイスを受けたり、ピッタリのものを処方してもらえたりすることができます。
病院に行くのに抵抗があったり、近くに病院の無い人でも手に入れることのできる市販薬は、一番手軽な方法ともいえます。

しかし、どの薬にも副作用があります。
処方された薬の説明をよく聞き、使用方法や使用量を越えて使う事は決してしないようにしましょう。
中には使用法を間違えて逆効果になってしまう場合もあります。
AGAは治療に長い時間を要するので、気長に治療するのが大事です。

処方 AGA


女性のAGA│ 女性と処方 │薄毛とAGAの関係って?
女性のAGAについて書きます
AGAは、男性の脱毛症ですが、近年では女性にも薄毛の人が目立つようになりました。
女性のこういった脱毛症は、FAGAと言われ、男性のように生え際からではなく、全体的に髪のボリュームが減るのが特徴です。

女性の薄毛には3タイプあります。

まずひとつが、ホルモンバランスが崩れることによる脱毛、「男性型脱毛症」です。
女性ホルモンの減少により、発毛を促す作用が弱くなります。
最も多いタイプで、このような薄毛に悩む女性が大半です。
生活習慣の改善も必要なので、改善が大変です。

もう1つが、分娩後脱毛症です。
妊娠中は女性ホルモンが増えるため、髪はとても伸びますし、成長した毛は、抜け落ちることなく成長し続けます。
しかし、出産をするとその女性ホルモンバランスは妊娠前に戻るため、妊娠中に抜け落ちずにいた髪が一気に抜けるのです。
この女性ホルモンバランスの変化が、分娩後脱毛症の原因です。
この薄毛は、1年程度で元に戻るので心配いりません。
AGAとは少し違う薄毛です。

さらに、ピル服用後脱毛症というものがあります。
これは分娩後脱毛症と同じで、薬の服用中は女性ホルモンが増えますが、服用をやめるとホルモンバランスが戻って抜け毛が増えるものです。これも1年ほどで終わります。

また、女性ホルモンバランス以外にも、食事バランスや、ミネラル不足、ストレスなどが原因でAGAになる場合もあります。
いずれの場合も、早めにお医者さんに行って治療することによって早く改善できますので、気になったらAGA専門の病院で受診してみましょう。

女性 AGA


対策と進行についてのポイントとは?│ 女性と処方 │処方される薬ってどんなものなの?
スポンサードリンク